1. 分类
  2. 沙龙网上娱乐
    1. CCtalk
    2. 沪江开心词场
    3. 沪江听力酷
    4. 沪江小D词典
    5. 虎将题库
  3. 沪江首页
  4. CCtalk
  5. 选课中心
  6. 加入收藏
  1. 登录 免费注册

2018.02.08 [小说日译中] 私が殺した少女 (39)

发表于:2018-02-08 09:36 [只看楼主] [划词开启]
私は感覚のある右腕を使って、必死で自分の身体を持ち上げようとした。大きな手が私の両わき腋に差し込まれ、私はらくらくと立ち上がることができた。誰かが親切で助けてくれたのでないことは解っていた。
我用还有知觉的右手臂拼命想要支撑着自己的身体。一只大手插进我两边的腋下,我轻松站了起来,我明白了不是有人在亲切的帮助我。
背の高いほうが、私の腹部に続けて二発パンチを入れた。完全に息がつまった。だが、そのとき彼らがほとんど喧嘩慣れしていないのが判った。背の高い男は私のボディを攻撃しながら、ヘルメットのヴァイザーを上げて細い鼻筋を私の眼の前に露出させていた。
高个子的人又继续朝我肚子打了两拳,一口气停了下来,但是那个时候能看出他们几乎不太会打架。高个子那个人在打我的时候,拿开了头盔,让我看到了他细细的鼻梁。
第一、ボディ攻撃自体が間違いだった。ライダー用の厚地の手袋をはめているのなら、徹底的に相手の顔面を攻めるべきだった。重量挙げの男も間違っていた。
第一,攻击身体本身就是错误的,要是戴着骑车服的厚手套,应该攻击对方的脸,举重运动员一样的男子也是错误的。
左腕を私の首にゆるく巻いて、右手で私の肩を掴んでいる。
左手钩着我的脖子,右手抓着我的肩膀。
二人の呼吸器官がどこかでつながっているかのように同時に息を吸いこんだとき、私は正面の背の高い男の鼻にまともに頭突きを食らわせ、その反動を使って背後の重量挙げの男の脇腹に体重をのせた肘撃ちを食らわせた。
当两个人的呼吸器官在某种程度上同时吸气的时候,我用头撞到正对面的高个子男子的鼻子,我利用这一反动,让身后的男子的侧腹把体重压在他身上用肘攻击。
あっと声をあげて、二人はその場にうずくまってしまった。喧嘩に慣れるということは、撲られることに慣れるというだけのことだった。
一声大叫,两个人蜷缩在地上。说是会打架,也就只是经常被打而已。
この戦意の失い方は一度も撲られたことのない人間の反応だった。ただちに第二撃を加えるべきだったが、まだ私の受けたダメージのほうが大きかった。私はかろうじて二人の手の届く範囲を逃れ、二人を視野に入れておける位置まで後退した。
这种失去战意的方式是从来没有被打过的人类的反应。我应该立刻采取第二次攻击,但是我会受到更大的伤害。我几乎没有逃出两个人手能伸到的范围,后退到了能看到两个人的位置。
ブルーバードの隣りに駐車されていた赤いランサーのフロントにもたれて、私は呼吸を整えようとした。
我靠在停在蓝鸟车旁边的红色的三菱车前面,调整了一下呼吸。
背後で靴がコンクリートの地面を擦るようなかすかな物音がした。私は最初にこの駐車場にブルーバードを乗り入れたとき、ヘッドライトに照らされて二台のオートバイが並んで駐車されているのを眼にしたことを思い出した。
在背后听见了微弱的鞋摩擦水泥地面的微弱的声音,让我想起我开始驾驶蓝鸟车来到这个停车场,被两辆开着前排灯的摩托车并排挡住路的情景。
二台のオートバイの二つのナンバー・プレートが、そろって泥まみれになっていたことまで思い出した。こんなときに馬鹿げたことを思い出すものだ。かすかな物音の正体を見ようと背後を振り返る間もなく、後頭部に強い一撃を受けて、私の意識は途切れた。
我想起了两辆摩托车都是泥的情景,这种情况就会想起一些愚蠢的事情,想要看一下微弱的声音的真面目,还没来得及回头,头部就被后面的人一下子强烈的击打,我就失去了知觉。
本帖来源社刊
  1. 私が殺した少女
    私が殺した少女 作者:[原尞] 《直木賞受賞作》 简介:工作于渡边侦探事务所的泽崎接到一通电话让他去委托人的家中谈事情,令人意外的是当泽崎到达目的地之后发现这里竟是一个凶案现场,而他自己却成为了一个杀人犯! 下一期:2018.02.15 [小说日译中] 私が殺した少女 (40) 上一期:2018.02.05 [小说日译中] 私が殺した少女 (38)
分类: 沙龙网上娱乐
    你需要登录后才可以回帖 登录 | 注册

  1. 0
    点赞
  2. 收藏
  3. 扫一扫分享朋友圈
    二维码
  4. 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开 保存
知道了

复制到我的社团

salon36