1. 分类
  2. 沙龙网上娱乐
    1. CCtalk
    2. 沪江开心词场
    3. 沪江听力酷
    4. 沪江小D词典
    5. 虎将题库
  3. 沪江首页
  4. CCtalk
  5. 选课中心
  6. 加入收藏
  1. 登录 免费注册

2017.11.15 [小说日译中] 私が殺した少女 (8)

发表于:2017-11-15 08:05 [只看楼主] [划词开启]
侦探正准备让老警察帮忙呢,突然来的电话惊吓到了两位,到底是什么样的电话内容呢??
「二階の捜査課はものものしい警戒態勢だが、一体何事かね?」彼は自分がその圏外に置かれていることに対する不満のこもった声で訊いた。 私は首を横に振り、タバコを灰皿にのせるとその灰皿を鉄格子越しに彼のほうへ差し出した。「私にもよくわからないんだ」「いや、そんなつもりで言ったんじゃない」「何かを訊きだして手柄にしようってわけじゃない。おれはただ、おまえさんみたいにきちんとしているように見える男が、一体何をやらかしたのかと思って、訊いてみただけさ」 “二楼的搜查科是戒备森严的状态,到底怎么回事啊?”他对于自己处于圈外的事情用不满的语气询问道。我摇摇头,把香烟放到烟灰缸里,然后通过铁栅栏把烟灰缸递给了他。“我也不太清楚啊。”“不不,我不是故意这样说的。” “我并不是想要询问什么。我只是觉得,像你这样看起来穿着整齐的男人,到底做了什么事情呢,只是想问一下而已。” 「何もしていない」と、私は言った。灰皿を引っ込めて、もう一服した。「みんな最初はそう言うんだがね」と、老警官は苦笑しながら言った。水臭い奴だ、という顔つきだった。「おれにできることなら、相談に乗ってやってもいいんだ」 私は急いで顔の前の煙を払った。「私がここにいることを、新宿署のある刑事に伝えてもらえるかね」 私は精神的にかなりまいっていたのだろう。そう言ってしまってから、ひどく後悔した。「刑事に? 新宿署のか?」彼は思ったよりも慌てた。「……いや、馬鹿なことを言った。いまの頼みは忘れてもらいたい」私はタバコを灰皿で消した。「できないことじゃないさ。何という刑事かね」彼は見くびられたと思ったようで、少しむきになって言った。 “我什么也没做。”我说。我取回烟灰缸,已经抽完一根了。“大家开始都是这样说的”老警察苦笑着说。他长着一副见外的脸。“要是我能做什么,也可以和我说说。”我连忙掸掸烟灰。“您能把我在这里的事情,告诉新宿警察局的一位刑警吗?”我精神失措了吧。那样说完之后,就立刻后悔了。“刑警?新宿警察局的?”他比想像的还要慌张。“…不不,我说了傻话。请忘掉我刚才拜托的事情吧。”我把香烟熄灭在烟灰缸里了。“也不是不可以啊。是做什么的刑警啊?”他好像觉得被轻视了一样,有些生气的说着。 彼のデスクの上の内線電話が、間隔の短い呼出し音を響かせて鳴った。彼は背後から撃たれでもしたようにびくっとして、一瞬私に助けを求めるような顔をした。私が灰皿を差し出すと、慌てて受け取って、デスクへ戻った。受話器を取り、やけに緊張した様子で短いあいだに何度も「はい」と繰り返して、受話器を置いた。それきり、デスクについて私のほうを振り返らなかった。 私が便器に戻って腰をおろそうとすると、留置場の出入口のドアが開いた。大迫警部補が若い大柄の制服警官をつれて入って来た。 他书桌上的内线电话响了一下,发出短促的声音。他像背后被攻击了一样,吓了一跳,一瞬间就像向我求助一样。我把伸出的烟灰缸,慌忙的取下,返回到了桌子旁。拿起听筒,非常紧张的在短时间内反复说着“好”,放下了听筒。那之后,我没有回头看我的桌子。我刚想回到马桶上想坐下来,拘留所的出入口的门开了。大迫警官带着年轻大个的穿着警服的警官走进来了。
本帖来源社刊
  1. 私が殺した少女
    私が殺した少女 作者:[原尞] 《直木賞受賞作》 简介:工作于渡边侦探事务所的泽崎接到一通电话让他去委托人的家中谈事情,令人意外的是当泽崎到达目的地之后发现这里竟是一个凶案现场,而他自己却成为了一个杀人犯! 下一期:2017.11.20 [小说日译中] 私が殺した少女 (9) 上一期:2017.11.12 [小说日译中] 私が殺した少女 (7)
分类: 沙龙网上娱乐
    你需要登录后才可以回帖 登录 | 注册

  1. 0
    点赞
  2. 收藏
  3. 扫一扫分享朋友圈
    二维码
  4. 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开 保存
知道了

复制到我的社团

salon36